休日自衛隊ライブドア基地 JHSDF livedoor base

物覚えがつく前から車のタイヤを愛した幼児が 江ノ電を愛する少年になり 乗り物のある風景を愛する青年になり 町のレトロとローカルを追いかけるおじさんになってしまったお話

休日自衛隊ライブドア基地 JHSDF livedoor base イメージ画像
湘南鎌倉横浜長万部の鉄道趣味と郷土史研究の成果をチマチマ上げるブログ。
仕事じゃないから自由に書くけど、WEB拍手が来るとよろこぶ。

建物

横浜シティエアターミナル(通称YCAT)は横浜駅東口スカイビル1階にあります。あのビルは1996年に建て替えられたものなのですが、実はそれまでは、違うところにYCATの施設がありました。2017年に取り壊されるまで、20年弱放置されていたバスターミナルの姿をここに残しておき
『初代YCATの記録』の画像

大船駅。古くから東海道線と横須賀線の分岐点として栄え、また松竹大船撮影所を抱える文化の街でもありました。今回は駅の西側、大船観音側でランチをと。バスターミナルから少し歩いたところにあるこちらの建物。大船の駅弁「鯵の押寿し」でおなじみ、大船軒の本社工場です
『大船の近代建築でランチ 茶飲み処大船軒』の画像

北仲地区って言う言葉を知ったのはつい最近のこと。わかりやすい話が、みなとみらい線の馬車道駅のある一帯先日その辺を散歩をしておりまして。大岡川に沿って立つビルの脇に遊歩道があり、歩いてみると、レンガの構造物があれこれ置いてあるのがわかります。もともとこの一
『横浜北仲建築散歩』の画像

根岸森林公園の脇を溶けそうになりながら歩いていると、怪しげな車が現れます。これは馬運車でしょうか。背の高い馬をこの車に乗せてトラクターで牽引するような。展示物というよりは備品という感じなのでしょうが、車輪のついているもの全般が好きな私には気になる存在。プ
『朽ちてゆく名建築を眺める 根岸森林公園と馬の博物館』の画像

この土日はすっかり部屋の片づけをさせられていたので、お出かけは無しです・・・。ということで、ちょっと前の旅行記をチマチマとアップしていきましょう。夏の横浜、と聞いてみなさんはどんなものを思い浮かべますか?花火とか、ピカチュウ大行進とか、ウォーターフロント
『根岸の和洋折衷建築を眺める散歩 旧柳下邸と根岸八幡神社』の画像

鎌倉の森。今日は、長谷の山にある屋敷の話をしましょう。鎌倉文学館です。ここは旧前田別邸という別荘で、現在は鎌倉市が取得しています。屋敷もすごいんですが、そもそも敷地自体がとても広いし、手が混んでいる…。まず、門を入ると最初にあるのはトンネル。ここは外界と
『鎌倉・長谷の洋館めぐり2018〜2020』の画像

1959年開業の江ノ島エスカー。歩いて登ればいいやと地元民はあまり利用しない存在ですが、昭和と令和のまざりあうディープな空間があります。そして鉄道趣味者としてエスカーを語ります!
『江ノ島鎌倉観光を知る 2020年の江ノ島エスカー』の画像

浄明寺へ。友人は拝観が目的だし、私は実はここにあるという洋館を目当てにしてました。ここは鎌倉時代の始まりの頃に作られたお寺だそうです。ここも足利氏にゆかりの寺だそうです。拝観料100円。本当にこの奥に洋館があるのか…?枯山水の庭が広がります。どうやらここでも
『鎌倉をまじめに観光してみる 浄明寺編』の画像

近くに住んでいるのに、行ったことがない場所。観光地に住んでいるとあるあるなんですけど、私もそういう、いわゆる「鎌倉エアプ勢」でして。友人と鎌倉エアプを克服するべく歩いてみました。ということで。今回紹介するのは、鶴岡八幡宮のさらに東側にある報国寺エリア。鎌
『鎌倉をまじめに観光してみる 報国寺編』の画像

長電貸切、湯田中温泉に続く、長野旅行2日目です!朝食は優雅にそばに、そばプリン…ここは中部電力のエリアらしい。電車は東日本なのに。なんか不思議。長野のマンホールはりんご。善光寺に向かいます。そういう土地とはいえ大きな商業ビルがあります。鎌倉の若宮大路とかだ
『2019年7月長野旅行 電車につられて善光寺詣り。』の画像

↑このページのトップヘ