4月24日
お友達に誘われて鋸山へ行くことになりました。
上大岡から京急を使おうか悩んだんですが、
大船で待ち合わせをして横須賀線で久里浜へ向かうことに。



IMG_41740001

横須賀線で逗子へ。


IMG_41750026


駅に生け花が置いてあるシリーズ


IMG_41860002

久里浜行は4両編成です。

IMG_41940004

ココでやってきた逗子行きはY-1編成。
洗面台が青いグリーン車が特徴です。

久里浜に来ました。

IMG_42040006

209系の訓練車がいます。

IMG_42110008

かつては毎日通学に使ったものですが・・・
遠い存在になってしまったものですね。。。

IMG_42120009


IMG_42200014

久里浜駅舎です。
1944年の開業時から使われている木造駅舎です。
シンプルな作りをしています。


IMG_42170011
天井の木組みが見事です。


IMG_42140010
そしてみどりの窓口看板。
残存していました…!

最近発表された合理化の知らせで無くなってしまうのでしょうか。



IMG_42180012

軍需施設に囲まれ、かつては大きな駅だったのかもしれませんが、いまではぽつりぽつりと人が来る小さな駅です。
京急の方が早くて便利ですし。

IMG_42220016

横須賀のマンホール

IMG_42230017

京急久里浜駅は近代的ですが、
周りの建物にはクラシカルなものが残ります。

IMG_42240018

昔はここにJASのチケットを買い取る看板があったと記憶しますが…あれからもう2年くらいかな。

東京湾フェリー行きのバスに乗り、
乗船券を購入します。


IMG_0104

前回は京急発行のセット券を利用したので、
フェリーのチケットを買う必要はありませんでした。
前の人がお札を自販機に詰まらせてしまい、出港直前なのにバタバタしてしまいました…。
バスの時間がどうしても出港直前になってしまうのでしょうがないのですが、京急を利用するならなるべく京急使った方がいいかもですね。

京急久里浜でもバスとセットのチケット売って欲しいなぁ…。

この辺のバスの裏技があったら教えて欲しいです(ペリー公園まで乗って歩くとか?)



IMG_0105

お船はかなや丸です!
IMG_42260019




IMG_42270020

やはりこのタラップはワクワクしますね……。


IMG_42300028



IMG_42310021

さぁ、上のデッキに行き…

IMG_42320022

ません!
まずは混雑する前に売店でご飯です!


IMG_0106

カレー(飲み物)ライス(飲み物)
植物油で揚げたチキン(サラダ)

つまり、野菜スムージーです!

出港の瞬間には飯食ってたんで、友達は外出て写真撮ってました。
IMG_42330023


えっ、出港行かないの…?って言われたけど
僕はフェリー会社にお金を落とすことに命かけてるので…

IMG_42340024

回頭しているのがわかります。
久里浜→金谷便は両方ともぐるっと向き変えるので面白いですね。

これは理由があって、
フェリーの車の出入口が2箇所あって
久里浜で頭から乗せると、金谷では尻から出し、
金谷で尻から乗せて、久里浜で頭から出す、というようにして
車が中でUターンしなくていいように作られているんです。
瀬戸内海のフェリーとかもこういう構造なので、港によって接岸する向きが決まっています。
よく観察してみると良いかもしれませんね。


さて、デッキに出たら

IMG_42350025

アイス!!
秒速で溶けてめっちゃしゃぶりました…
お友達の持ってきたお手拭きに救われる…。

やはり熱いお船の上で食べるなら、
ストローで吸えるコーヒーフロートが一番スタイリッシュだなぁと学習しましたね…。




IMG_42370029

梅雨となった今ではなつかしい、
初夏の明るい日。
ゴールデンウィークに日常がやってくるなんて、ちょっと考えてなかったなぁ。


IMG_42380030

久里浜火力発電所は解体が進んで形を失っていました。


IMG_42410031


東京湾の沖合では釣り船が操業中です。

多くの小舟が浮かんでいます。

IMG_42430032

そしてその中をゆく

IMG_42490033

対向の東京湾フェリー、
「しらはま丸」です!


IMG_42540034

チーバくんデザイン。


IMG_42650036

この40分の船旅、思ったよりも遥かに短くて、
すぐ向こうには房総半島が見えてしまいます。


IMG_42710037

波がきらめく海は深く、青く。


夜になると深い闇になります。そっちはさるびあ丸で見てみるといいかも。

東京湾フェリーは、東京湾の入り口を往復するため、
東京港や横浜港へ向かう船の大動脈、浦賀水道を横断します。
時間帯によっては大型船舶や米軍艦との接近もあります。

IMG_42800038

今回は連休中でおとなしかったのか、
目立ったのは日本通運の内航RORO船くらいですかね。


あっという間に船は金谷港への入港準備を始めます。
IMG_42940040

小さな入江でバウスラスタを使って回頭し、船尾を岸壁につける操船技術と、
ロープを引っ掛けるための道具を使って手際良く着岸する動きに惚れ惚れ。



IMG_43000041



IMG_43050042

この日の海はおとなしかったです。


IMG_43130043

海藻がチャプチャプと揺れます。


IMG_43190044

セブンアイランド虹、でしょうか?
速かったです!


IMG_0107
見てくださいよ!
こんな岩場の浅瀬の先に船が止まってるなんてコラみたいですよね!
この先だけしっかり浚渫して深くなってるんだと思いますが、

この新大陸千葉の中途半端なリゾート感が好きすぎてよじれてしまいます。


IMG_43220045

ということで、波の音を聞きながら、かなや丸の出港を観察します。
IMG_43240047
公園にはカモメのモニュメント。






IMG_43290048

午前中の船はスカスカでした。
もうこれから連休だというのに……。


金谷港から鋸山を目指します。

金谷の街にそびえたつ鋸山は、かつて房州石という石材の産地でした。
金谷港はその出荷の地として栄え、石材は横浜の開港や、新橋停車場に活用されました。


IMG_43310050

金谷の街には房州石の石垣が並んでいます。



IMG_43320051

大きな屋根は喫茶店のようです。
行くたびに寄ろうと思うのですが、
鋸山の滞在時間がオーバーしていき損ねてばかり・・・
次回こそは寄り道してみたいですね。


IMG_43330052

あちこちに石が置かれています。
いけず石のように使われている場面もありました。


IMG_43360053

内房線 浜金谷駅。

友達曰く「田舎のおばあちゃんちの架空の記憶が作られていく光景」
この日は列車は時間が合わず、ありませんでした。



IMG_43370054

丸ポスト。取り出し口が横を向いています。


IMG_43380055

駅前には観光地の看板が出迎えるしくみ。

IMG_43390056

内房線複線化と、東京湾口道路の実現、
なんとも上向きな昭和平成をにじませる、レトロな看板です。


IMG_43400057

いつから使っていないのかわからない観光案内所

そしてなんと、鋸山金谷温泉は温泉の供給をやめてしまったんだとか!
かなしい・・・。


IMG_43410058




IMG_43430059

ここにもみどりの窓口の看板がありました!


IMG_43440060

ということで、入場券を購入。
あんまり発券されていないのかな?


IMG_43450061

金谷郵便局の郵政フォントです。


IMG_43460062


こんな土日の田舎でもATMは開いてるんだからゆうちょは安心です。

さて、これからロープウェイで鋸山に登り、
鋸山山頂にあるお寺を拝観して、
かつての石切場を見学して帰るという、

いつもの「だいたい計画しているけど細かくは詰めていない」旅の始まり。
次は鋸山山頂の様子を紹介したいと思います。